対人緊張


(原因と薬によらない治療、克服についての説明)

1.はじめに

社会生活を送っていく上では人間関係においてストレスや緊張を感じることは誰にでもあることだと思います。

しかし、この対人ストレスや人間関係に伴う緊張を慢性的に感じてしまう人も中にはいるものなのです。

そして、これが対人緊張と呼ばれている状態だと言って良いと思います。

このページでは、こういう慢性化し対人恐怖症やSADといった神経症レベルの状態になった場合の対人緊張について解説しております。

ですから、ご自分の状態が神経症レベルの対人緊張かどうかのチェックに役立てていただけるのではないかと思っております。


2.対人緊張とは

人前でドキドキして緊張してしまう、このため、思うように話せなくなってしまうといった形で現れてくるのが対人緊張が慢性化した時の状態になります。

対人緊張は対人恐怖症に悩んでいる時に共通してみられる症状になると言って良いと思います。

そして、対人不安と共に対人恐怖症のベースになる状態だと言って良いと思います。

つまり、赤面や手の振るえ、多汗症といった症状の場合にも、このベースには対人緊張があると考えて良いと思います。

そして、人前でドキドキし緊張するのが嫌だからということで、人を避け、仕事や学校を辞め、引きこもり状態になっている人も少なくないものなのです。

ただ、仕事や学校に行っている場合は、対人緊張の症状を感じながらも、仕方なしに、嫌々ながらも仕事や学校へ行っていることがほとんどだと思います。

そして、このために、毎日が、針のむしろの上を歩くように辛く、苦しい状態になっていることが多いものなのです。


3.具体的な症状の現れ方

対人緊張の場合も、実際には、いろいろな形で現れてくるものです。
一例を挙げますと下記のような症状の現れ方をします。

・結婚式や葬儀などで親戚と会う時に思うように話せなくなる。

・会社で得意先の人と打合せをする時に緊張し汗をかいてしまう

・発表会などで、みんなの前でスピーチしなければならない時に緊張し、どもってしまう。

・あまり親しくない人と外食する時に緊張し、食欲がなくなってしまう。

・苦手な人と話している時、声が詰まり、出にくくなる。

・仕事の電話の時に、最初の言葉が出にくい。

・朝礼など人前で話をする時に顔が赤くなってしまう。

・顔がピクピクし自然に笑うことが出来ない。

・忘年会などで、お酌をする時に緊張してしまう。

上に書かせていただいたような形で対人緊張の症状が現れることが多いと思います。

最近は、スマホの普及などで、人と直接話す機会が減ってきているために、対人緊張も、より感じやすくなって来ているのではないかと思います。



4.どうして対人緊張が起こるのか(原因)

人前でドキドキし不安になってしまうという対人緊張は、人から良く思われたいとか、人から評価して欲しいという欲求が強い、神経質性格を持っている人の場合に起こりやすいものなのです。

つまり、こういう欲求が強いと、この分、人から変に思われたらどうしようという不安も強くなるものなのです。

そして、この不安だけに目を向け、これを取り除こうとしてしまうために、ますます不安を強くし、これが原因となって対人緊張が起こってくると考えて良いと思います。

つまり、対人緊張の原因は、本来、誰でも感じる人前での緊張や不安を異常なことだと考え、これを排除しようとして仕事や学校などの人間関係から逃げてしまうところにあると言って良いと思います。


5.誤った方向の治療

今、対人緊張の症状のために心療内科や精神科の病院に行くと、SSRIなどの抗うつ剤や抗不安薬といった薬を用いた治療をされることが、ほとんどだと思います。

また、中には半夏厚朴湯や春ウコンといった漢方薬とか、心理カウンセリングで治療する病院もあると思います。

しかし、このような対人緊張の症状だけに目を向け、これを無くそうとする治療は、森田療法で言っている気分本位の「はからい」の行動ということになってしまうのです。

つまり、鬱病や統合失調症のような純粋な精神病の場合には効果が期待できる治療方法でも、神経症の「とらわれ」が原因になっている対人緊張の場合には逆効果になってしまうものなのです。

つまり、この方向の治療では、かえって人間関係に伴う緊張やストレスに対する「とらわれ」を強くすることになってしまうのです。


6.薬によらない治療と克服

今、上に書かせていただいたように、対人緊張の原因は人前での緊張や不安を邪魔者扱いし、排除しようとしてしまうところにありますから、まず、この部分を修正していくことが大切になると思います。

森田療法では目的本位という考え方をしますが、これは人前での緊張や不安を感じながらも、これに引きずられずに、目の前の「なすべきこと」をきちんとこなすようにしていくことなのです。

人前での緊張や不安に引きずられ、「なすべきこと」から逃げてしまうと、一時的には楽が出来るのですが、長い目で見ると、ますます緊張や不安を強くすることになってしまうのです。

そして、この結果、対人緊張の症状をますます強くすることになってしまうのです。

ですから、対人緊張の症状を感じながらも、目の前の「なすべきこと」から逃げず、きちんとこなすようにしていくことが大切だと言えるのです。

これが目的本位の行動ということになるのですが、この方向で行動していくと、SSRIといった薬を飲まなくても、少しずつ対人緊張の症状を克服していけるものなのです。

ですから、これが薬によらない一番良い治療法であり、また、克服法になると思います。


※なお、対人緊張のさらに詳しい克服方法については、こちらのMT心理カウンセリングルームのHPを参考にして下さい。



トップへ   前ページ   次ページ