MTカウンセリングロゴ

手掌多汗症


(原因と対策についての説明)

1.はじめに

手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)は手の汗が異常に出ることで悩んでいる状態だと言って良いと思いますが、この症状に悩んでいる人も多いものです。

芸能人では水嶋ヒロさんや、福山雅治さん、酒井美紀さんといった人が有名ですが、他にもこの症状で悩んでいる人は多いのではないかと思います。

しかし、今は手掌多汗症というと、ほとんどが手術とか薬で治療されることが多いと思います。

しかし、私の経験からは、手掌多汗症の中の多くは神経症が原因になっていると感じてます。

そして、この場合は、手術や薬で治療しても、なかなか手のひらの汗の症状は改善してこないものなのです。

このページを見ている人の中にも、病院で手術をしたけれど、また手のひらの汗の症状が再発してしまったと感じている人が多いのではないかと思います。

このように、今、手のひらの汗の症状で悩み、どうして良いのか分からず困っている人のために参考にして頂ければと思っています。


2.手掌多汗症とは

神経症が原因になっている多汗症は、発汗恐怖や緊張型多汗症とも呼ばれていますが、人前での緊張や恥ずかしさから汗が異常に出てしまうということで悩んでいる状態を言います。

この中で特に手に異常に汗をかいてしまうということで悩むのが手掌多汗症という症状になります。

手掌多汗症に悩んでいる時は手に汗をかいてしまうことで自動車を運転している時にハンドルが滑りやすくなってしまったり、恋人と手をつなぐことが出来ないと悩むことも多いものです。

そして、この症状に悩む人が最近は増えているように感じます。

これは、現在ではクーラーやエアコンが普及し、昔のように汗をかくことが少なくなっていることも影響しているのではないかと思います。

つまり、他の人はそうでもないのに自分だけ汗をかいてしまうと感じる機会が増えているためではないかと思います。

汗をかくかどうかは、本来、体質的に個人差があるものなのですが、手掌多汗症で悩んでいる人は、自分が異常ではないかと、これが気になってしまうものなのです。

そして、この症状の場合、「わきが」などと同じように汗腺など体の異常が原因だと考え、高額な費用を払って手術で治療しようとする人も多いものです。

しかし、手掌多汗症の中には神経症が原因になっている場合が、かなり多いと思いますので、注意が必要だと思います。

つまり、本来、汗腺など体の異常がないにも関わらず、不必要な手術をしてしまうことも多いものなのです。

そして、この場合は手術をして一時的に治ったように感じても、少し時間が経つと、また汗が気になるようになってしまうものなのです。

ですから、自分の手掌多汗症の症状が神経症が原因ではないかとチェックしてみることも大切だと思います。

昔は字を書く時に手の震えが起こる「書痙」も、手の筋肉や神経の異常が原因だと考え、手術で治療しようとすることが多かったですが、今は、神経症が原因であることが分かっており、森田療法の学習で、充分、克服していけることが分かっています。

また、この手掌多汗症の症状も、神経症の「とらわれ」が原因の場合は同じように森田療法の学習で治せることが分かっているのです。

しかし、神経症が原因になっている手掌多汗症の場合でも、薬や手術などで治療されていることが多いのは嘆かわしいことだと感じています。

なお、この症状も、人から変に思われるのではないかという不安がベースになっていますので、対人恐怖症の症状の一つに入ると言って良いと思います。

なお、自我が芽生える幼少期から手掌多汗症の症状が現れる人もいますが、この場合は神経症が原因ではなく、体質や気質的なものが原因だと言って良いと思います。

西洋では握手の習慣があるので、それで困る手掌多汗症の人たちが多くいるという話もあります。

このため、ヨーロッパの方では、昔から腕を大きく開き、神経も大きく切るという外科的な治療が行われることも多かったようです。


3.手掌多汗症の具体例

参考までに悩んでいる時の具体例を挙げさせていたます。


(手掌多汗症の具体的な例)

1.手の湿り気のために持った紙が波立ってしまう。

2.タオルなどで拭いても手のひらに汗がすぐにたまってしまう。

3.手のひらから汗が滴り落ちる。

4.テストの答案用紙に汗がしみて破れてしまう。

5.パソコンのキーボードやマウスが汗でベタベタになってしまう。

6.スマホや携帯が汗がしみて壊れてしまう。

7.人から握手を求められた時に困ってしまう。

8.汗のために嫌われるのではないかと感じ、好きな人と手をつなげない。

9.運転中に汗でハンドルが滑って怖い思いをした。

10.汗を頻繁にかくためハンカチやタオルが手放せない。

11.ノートやプリントなどの紙が汗でくしゃっとなってしまう。

12.電車やバスのつり革が汗でべとべとに濡れてしまう。

13.汗のせいでスマホのタッチパネルの操作を誤ってしまう。

14.ピアノやキーボードの鍵盤に汗跡がついてしまう。

15.下にハンカチを敷かないと書き物が出来ない。

16.ゲーム機のコントローラーが汗でビシャビシャになってしまう。

17.「汗をかいちゃダメ」と思うと、余計にかいてしまう。



これらの例に心当たりがある方は手掌多汗症の可能性があると言って良いと思います。


4.原因

手の汗は体温調節をするための「温熱性発汗」ではなく、精神的な緊張によっておこる「精神性発汗」だと言われています。

ただ、先ほども書きましたが、自我が芽生える前から症状が見られる場合は神経症が原因ではなく、体質や器質的なものが原因だと言って良いと思います。

つまり、体質的に交感神経が狂いやすく、汗腺であるエクリン腺より汗が過剰に放出されやすいところに原因があると考えて良いと思います。

これに対して、思春期以降に起こってくる手掌多汗症の場合は神経症が原因になっていることが多いと思います。

つまり、異性と手をつなぐような時に、手に汗を沢山かくと、相手から嫌われてしまうと感じることで、逆に余計に汗が出やすくなってしまうものなのです。

これは赤面症の人が人前で顔が赤くなることで人から変に思われたり嫌われてしまうのではないかと考えているのと同じことだと言って良いと思います。

つまり、手に異常に汗をかくことで人から変に思われたり嫌われてしまうという思いがあると、逆に、余計に、注意が集中し、手掌多汗症の症状を引き起こしやすくなってしまうものなのです。

森田療法では、これを精神交互作用と言っていますが、症状と注意の集中の悪循環によって、ますます手に汗をかきやすくなってしまうものなのです。

そして、こうなってしまうのは、緊張型多汗症のところでも書かせて頂きましたが、たまたま何かの「キッカケ」で人と手をつないだ時に手に汗をかき、恥ずかしい思いをしたという「外的要因」が1つの原因だと言って良いと思います。

そして、手に汗をかくことを人から変に思われる異常なことだと考え、人と手をつなぐ機会を避けてしまうものなのです。

しかし、これが森田療法で言っている気分本位の誤った方向の努力ということになり、もう1つの原因である「内的要因」ということになるのです。

つまり、この「外的要因」と「内的要因」が神経症から来る手掌多汗症の場合の原因だと言って良いと思います。


5.誤った方向の治療

体質や器質的な原因から来る手掌多汗症の場合は、皮膚科や美容整形外科などの病院で行なわれている下記のような治療方法で問題ないのだと思います。

1.塩化アルミニウム外用
2.水道水イオントフォレーシス療法
3.ボトックス注射(ボツリヌス毒素局所注射)
4.ETS(交感神経遮断手術)

しかし、神経症が原因になっている手掌多汗症の場合に、これらの薬物療法や手術療法を行なってしまうと、これは誤った方向の治療ということになってしまうのです。

そして、今は、こういう例が非常に増えているのではないかと思います。


6.対策

神経症が原因になっている手掌多汗症の場合は、先ほども書きましたが、手に汗をかくことを相手から変に思われる異常なことだと考え、汗を止めることだけに目を向け対策を取ってしまうことが多いものなのです。

しかし、これは気分本位の誤った方向の努力ということになり、逆効果になってしまうものなのです。

つまり、神経症が原因になっている手掌多汗症の場合は、手の汗の症状を感じながらも、目の前の「なすべきこと」を逃げずに1つ1つ、きちんとこなすようにしていくことが大切になってくるのです。

つまり、これが森田療法で言っている目的本位の行動ということになるのです。

そして、森田療法の考えを参考にしながら、このような目的本位の行動を積み重ねるようにしていくと、少しずつ手汗に対する「とらわれ」が薄れてくるものなのです。

そして、こうなれば人前で異常に手に汗をかくことはなくなってくるものなのです。

ですから、これが手掌多汗症の場合の最も適切な対策になると言って良いと思います。

つまり、神経症が原因の手掌多汗症の場合は薬や手術などの治療ではなく森田療法の学習をしていくことが大切だと言えるのです。

こうしていく中で手汗に対する「とらわれ」が薄れてくれば、これで充分、治ってくるものなのです。

繰り返しになりますが、神経症が原因の手掌多汗症の場合は手術や薬よりも、森田療法の考え方を身に付けていくことで治療していった方が、より効果が期待できると言って良いと思います。

ですから、まず、自分の症状が、神経症が原因の手掌多汗症かどうかを、きちんと判断していくことが大切だと思います。


(こちらのページも参考になると思います。)
1.多汗症、手のひらの汗
2.多汗症の症状


※なお、手掌多汗症のさらに詳しい克服方法については、こちらのMT心理カウンセリングルームのHPを参考にして下さい。


●もしこのページの内容が参考になられたら、下のボタンから共有をお願い致します。



トップへ   前ページ   次ページ