(人前で顔が赤くなる)赤ら顔の症状(治療と克服)


(赤ら顔とは?)

人前で顔が赤くなる、赤ら顔の症状は、赤面恐怖や、赤面症とも言われますが、対人恐怖症の中でも、特に多く見られる症状の一つになります。

この症状は対人恐怖症の中でも、比較的早い時期から症状が起こることが多いと思います。

いわゆる、思春期に入る小学校の高学年から中学生位の時に、顔が赤くなる症状を意識し始めることが多いように感じます。

赤ら顔は、一般的には、人前で顔が赤くなる、という形で現れる症状ですが、人によっては、頬が赤くなることが悩みだったり、耳たぶが赤くなることが悩みだったりと、赤くなる場所は人によって、それぞれだと言えます。

ただ、いずれの場合も、人前で顔が赤くなることで、人から変に思われるのではないかとか、自分が相手に好意を持っていると勘違いされるのではないかとか、人から見下されるのではないかとか、考えていることが多いものなのです。

また、顔が赤くなる症状は、自分にとって大切だと思える相手に対して起こることが多いものです。

若い人であれば、自分と同年代の異性の前で顔が赤くなる症状が起こり、会社員であれば、苦手な上司とか、自分にとって影響力がある相手に、顔が赤くなる症状が起こる場合が多いものなのです。

また、逆に顔色が白すぎて悩むという人も、中にはおります。


※なお、赤ら顔のさらに詳しい克服方法については、下記のMT心理カウンセリングルームのHPを参考にして下さい。



トップページへ


(森田療法、神経症専門)
MT心理カウンセリングルーム
http://homepage2.nifty.com/mt-c/
E-mail : mtc001@nifty.com